ホーム > ミコノスが髪を修復する秘密

ミコノスが髪を修復する秘密

独自の技術によって、毛髪や頭皮と同じケラチンタンパク質を
ちょうどいい分子量に分解して実用化したものです。

髪や肌の主成分であるケラチンタンパク質は、髪を保護するのに最も自然で安心な成分として知られています。しかし、その実用化は容易なことではなく、これまで市販されてきたケラチンでは、充分な効果が得られませんでした。水溶化する際に 加水分解の過程でタンパク質がバラバラに壊れるため ケラチン本来の性質が生かし切れなかったのです。そこで、独自の製法により、天然ケラチンの分子状態をできるだけ壊さずに、アミノ酸バランスも保持したまま抽出・精製したのが、高分子カチオン化加水分解ケラチン「プロティキュート」なのです。

高分子カチオン化 加水分解ケラチン
figure1.gif

従来からのケラチンの平均分子量は400〜1,200くらいでした。しかし高分子カチオン化加水分解ケラチン(プロティキュート)の平均分子量は約2〜3万で、ケラチンの平均分子量が5万と考えると、主鎖が1カットされた程度の天然に近いタンパク質といえることができるのです。髪への浸透・被膜のバランスにちょうどいい大きさの天然ケラチンで、シャンプーやトリートメントの原料として使用することによって、優れたヘアケア効果を発揮します。

これまで実用化されてきたケラチンは、毛髪中の天然ケラチンに比べて分子量が非常に小さく、髪のダメージ部分に「点」の状態で浸透して補修・修復を行ってきました。一方、高分子カチオン化加水分解ケラチン(プロティキュート)は、天然ケラチンの分子量にごく近く、従来のものより分子量が大きいため、髪の傷んだ部分を「点」ではなく「面」で包み込みます。これにより補修・保護効果が高まり、さらに絶妙のアミノ酸バランスによって、糖やアミノ酸などの親水性成分と皮脂などの疎水性成分を共に包み込み、安易に流出しないよう保持する働きにも優れています。

アミノ酸バランスが違い、
親水性・疎水性バランスに優れています。

一般にヘアケア製品などに使われるシルクは蚕からつくられ、コラーゲンは肌の真皮の主成分。一方、ケラチンは毛髪や肌の表皮の主成分です。この3つに共通しているのは、繊維状タンパク質であるということ。しかし、同じタンパク質でも、そのアミノ酸構成は大きく異なり、シルクやコラーゲンが2〜3種類のアミノ酸を中心に構成されているのに対して、ケラチンは18種類ものアミノ酸からできているため親水性・疎水性バランスに優れています。

シルクやコラーゲンに比べ、
髪の保護に大きな効果を発揮します。

ケラチンでは、必須アミノ酸(動物が進化の過程で体内で合成できなくなり 食物等から補給する必要があるアミノ酸)の割合が37%を占めているのに対して、シルクでは9%、コラーゲンは17%となっており、ケラチンの必須アミノ酸割合は、植物タンパク質にとてもよく似ています。天然ケラチンを加水分解した高分子カチオン化加水分解ケラチン(プロティキュート)は、アミノ酸組成もケラチンとごく近く、しかも親水性のアミノ酸と疎水性のアミノ酸のバランスはほぼ1対1と、非常にバランスのとれた構造となっており、ケラチンの構造と性質を壊さずに抽出しているからこそ、シルクやコラーゲンに比べ、髪の保護に大きな効果を発揮できるのです。

ブリーチ剤に配合すると、キューティクルの剥離が防止され、
強度が保持されます。

ブリーチ剤によるキューティクル損傷に及ぼす毛髪保護効果

ケラトース濃度(%) 強度(gf) 伸度(%)
0 177.2 60.4
0.5 189.6 62.2
5.0 195.5 67.1
ブリーチ未処理毛 198.9 70.1

ブリーチ処理後の毛髪の表面

hair01.jpg   hair02.jpg
高分子カチオン化加水分解ケラチン(プロティキュート):添加   添加なし

パーマネントウエーブ処理における毛髪保護効果

/ 強度(gf) 伸度(%) 強度(gf) 伸度(%)
パーマ処理前 198.9 60.4 195.2 59.5
高分子カチオン化加水分解ケラチン
(プロティキュート)未使用
168.0 65.6 96.3 70.9
高分子カチオン化加水分解ケラチン
(プロティキュート)使用
183.0 62.3 108.7 66.8

hair03.jpg   hair04.jpg   hair05.jpg
パーマ前の正常毛   パーマ後の高分子カチオン化加水分解ケラチン(プロティキュート)処理毛   パーマ後の市販低分子ケラチン処理毛

さらに、ウェーブ効果もアップし、
先端に掛かりすぎるなどの問題点を解決してくれます。

前のパーマ剤での実験で高分子カチオン化加水分解ケラチン(プロティキュート)処理行った毛髪のウエーブ状態を測定したところ、プロティキュート処理によって非常に高いウエーブ効果が得られることがわかりました。また、正常毛とブリーチ毛とのウエーブ効果値が近いという結果は、毛髪が傷んでいる先端部分と余り傷んでいない部分とが同じくらいのウエーブ状態であるということを意味しており、先端が掛かりすぎ、根本は掛からないという、従来のパーマネントウエーブの問題点を解決できます。

パーマネントウエーブ処理におけるウエーブ形成能向上に及ぼす効果

/ ウェーブ効果(%) ウェーブ効果(%)
/ 正常毛 ブリーチ毛
高分子カチオン化加水分解ケラチン
(プロティキュート)未使用
50.6 63.4
高分子カチオン化加水分解ケラチン
(プロティキュート)使用
82.6 80.3

プロティキュートは抗酸化性能が高く、
肌の老化を予防する効果があることがわかります。

リノール酸に高分子カチオン化加水分解ケラチン(プロティキュート)(γ-ケラトース)0.004%(1mg/25ml)を添加したものと、リノール酸だけのものとを、40℃で5日間放置しました。その結果、リノール酸だけでは100%酸化しましたが、プロティキュートを加えた方は、およそ10〜20%の酸化度にとどまりました。これは、高分子カチオン化加水分解ケラチン(プロティキュート)の抗酸化性能の高さを示しています。

/ 酸化度 酸化度
試料 thiocyanate法 TBA法
リノール酸(0.13ml/25ml) 100% 100%
リノール酸+γ-ケトラース(1mg) 21.7% 13.2%

※酸化度が低いほど抗酸化性能が高いことを示す

メルマガにご登録ください

ミコノスの施術ポイントや注意点など
メール配信中!今すぐご登録ください。 メルマガにご登録ください

ケイタイ版ホームページは
こちらのQRコードで! QRコード

logo-01.gif