ホーム > ミコノスが髪を修復する秘密 > 

ミコノスが髪を修復する秘密

アミノ酸バランスが違い、
親水性・疎水性バランスに優れています。

一般にヘアケア製品などに使われるシルクは蚕からつくられ、コラーゲンは肌の真皮の主成分。一方、ケラチンは毛髪や肌の表皮の主成分です。この3つに共通しているのは、繊維状タンパク質であるということ。しかし、同じタンパク質でも、そのアミノ酸構成は大きく異なり、シルクやコラーゲンが2〜3種類のアミノ酸を中心に構成されているのに対して、ケラチンは18種類ものアミノ酸からできているため親水性・疎水性バランスに優れています。

メルマガにご登録ください

ミコノスの施術ポイントや注意点など
メール配信中!今すぐご登録ください。 メルマガにご登録ください

ケイタイ版ホームページは
こちらのQRコードで! QRコード

logo-01.gif